太陽光発電

太陽光発電の収支記録と、太陽光投資の現状

投稿日:

こんばんわ、アルキミスタです(´・ω・`)

 

以前、太陽光発電って儲かるの???

 

でお話しましたが、私は太陽光発電所も持っています(^_^)

 

未だに太陽光発電の投資の相談が少しあっておりますので、、、

 

ブログを見ていただければ分かるように内容をまとめました。

 

ですので、今回は少し太陽光発電のお話をさせて頂きますね。

 

 

太陽光発電の魅力は、、、

 

晴れていれば安定収入が見込める

 

事にあります。

 

 

 

アパート経営と違う所は、、、

 

空室リスクがない所ですね(´・ω・`)

 

 

 

アパートの空室って、、、

 

長く続くと胃に穴が空きそうになるくらいストレスになるので、、、ww

 

 

太陽光発電の方がメンタル的にも安全な投資になります(´・ω・`)

 

しかしながら、、、

 

 

現在は売電単価が以前に比べてかなり下がり、収支が見込めなくなってきております。

 

 

以前の売電単価であれは、ウハウハですが。。。

 

昔は売電単価が40円を越していましたが、今は19.44円(税込)と、半分以下になっています。

 

 

ですので、現在の単価では、かなり厳しいものがあります。

 

 

 

どうしても、今から太陽光をやりたいのであれば、以下の条件が必須かと思います。

 

 

①土地の取得単価がタダ同然、もしくは土地を持っている

 

②金利の安い金融機関で取り組む

 

③太陽光パネルの金額を抑える

 

です。少し説明していきましょう。

 

 

 

①に関してですが、土地の取得単価が、土地を持っていないと、収支が合わないと思います。

 

ただ、持っていたとしても、、、

 

 

『整地や造成にお金が掛からない前提』

 

 

の話です。

 

 

土地に高低差があったり、造成にお金が掛かる場合は、、、

 

そもそも収支が合いません

 

ですので、現実的には厳しいです。

 

しかし、、、

 

アパートの屋根の上に設置する方法であれば、収支的に問題ありません

 

土地から買うよりはるかに現実的です。

 

もし設置できそうであれば、検討してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

そして、②番。

 

これが極めて重要です。

 

カード系の信販ローンだと、金利が2%後半だったりします。

 

しかし、そんな金利を払ってしまうと

 

 

利益がすこぶる少なくなります

 

 

理想の借入先は、、、

 

日本政策金融公庫ですね

 

何故かというと。。。

 

太陽光の融資を受けやすく、金利が安いから

 

 

 

人や内容によって多少前後はあると思いますが、、、

 

 

『金利は基本的に1%台』

 

 

ですので、現実的にはここで借りるのが得策かと思われます。

 

銀行でもいいのですが、、、

 

 

『出力抑制』になり始めたら、ほとんどの金融機関が融資をしてくれなくなりました。

 

 

ですので、銀行系で融資をしてくれる金融機関を探すのは困難かと思います。

 

出力抑制がわからない方は、太陽光発電って儲かるの???

 

に説明を書いていますので見て下さい(^u^)

 

 

 

自己資金を大量に入れたら貸してくれるかもしれませんが、、、

 

 

あまり自己資金を入れすぎるのも嫌ですしね(゜o゜)

 

 

 

 

さて、最後に③ですね。

 

当たり前の話ですが、、、

 

相見積もりをとって下さい。

 

以前に比べて太陽光パネルがかなり安くなっております。

 

 

しかし、業者によってそれなりに金額が違う事はあるので、比較をする事が大事ですね。

 

 

より安く買えるように動きましょう(^_^)

 

 

さてさて、続きまして実際の太陽光の収支のお話です。

 

 

どれくらい利益が出るものなの???と思われる方もいらっしゃるでしょうから、、、

 

私の収支を公開しますね(^u^)

 

 

 

先日、久しぶりに発電所の様子を見てきました。

 

 

ここは、合計320kw程の太陽光発電があります。

 

 

しかし、購入当時は、一気に買う程融資が出なかったので、、、

 

3人で3等分しました( ・∋・)

 

ですので、私の分は約100kwですね

 

 

 

この太陽光発電所の売電単価は、、、

 

38,8円(消費税込み)

 

ですので、かなりおいしいです(;´Д`)ハァハァ

 

まあ、出力抑制はついてしまっていますが、とりあえずは問題なし。

 

 

順調に発電して売電しております。

 

 

年間の売電収入は 4,587,662円

当初の借り入れは 37,000,000円

金利は      1.35%

返済期間は    15年

年間返済は    3,000,000円(元金均等返済)

 

です。

 

年間ざっと、1,580,000円程キャッシュフローが残っておりますね。

 

 

計算をしてみると、、、えーと

 

表面利回りは  12.39%  

 

ですね。アパートより良いなw

 

 

さて、ここで注意して頂きたいのは。。。

 

金利が1.35%で、売電単価が38.8円で、年間手残りが約1,580,000円

 

というところです。

 

ですので、、、

 

〇高い金利だともっと収支が悪く

〇低い売電単価だともっと収支が悪い

 

ということです。

 

上記の事例を見てもらえば分かりますが、、、

 

今から新規で太陽光事業に参入するのは全く得策ではない

 

という事です

 

どうしてもというのであれば、、、

 

〇土地を持っている、もしくはアパートの上に設置できる

〇金利安い金融機関で融資を組める

〇太陽光パネルが安く仕入れできる

 

上記の条件が必須なので、計算してみて下さいね(^u^)

 

ではまた!

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村

-太陽光発電
-, ,

Copyright © 2020. 貧乏サラリーマンが本気でセミリタイアを目指す不動産投資日記 All Rights Reserved.

Copyright© 貧乏サラリーマンが本気でセミリタイアを目指す不動産投資日記 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。