高級ホテル調査

セレブ感を味わえる高級ホテル調査・ザ・リッツカールトン大阪

投稿日:

こんばんは、アルキミスタです(・∀・)

 

 

さて、今回のブログは、、、

 

高級ホテル調査編です(^_^)

 

この度の、セレブ感を味わえる高級ホテル調査は、、、

 

リッツカールトン大阪です(^_^)

今回、大阪に大事な用がありまして、ついでに泊まる事に致しました(・∀・)

 

 

その大事な用というのは、、、

 

 

back numberのライブです(;´Д`)ハァハァ

 

実は私、back numberが大好きで、この度大阪の京セラドームまでライブを見に来たのであります(´ω`)

メチャクチャ人多かったです(゜ロ゜)

 

おそらく満席だったんじゃないかな?

 

今回は運良くアリーナ席でしたので、メンバーを間近で見ることが出来ました(;´Д`)ハァハァ

当たり前の話ですが、ライブでの生演奏はやっぱり違いますね(´ω`)

 

 

back number最高です(´Д`)ビクビク

 

 

『その顔でback number好きなの?』

 

という突っ込みは受け付けておりませんのでご了承下さいw

 

 

さて、そんなこんなでついでに泊まりに来ましたぜ、、、

 

ザ・リッツカールトン大阪(・∀・)

非常に高級で、セレブ御用達の高級ホテルとして有名ですね(*´・ω・`)

 

リッツカールトン大阪の場所は、大阪駅から徒歩5分程度の場所にあり、立地は非常にいいですね(´ω`)

このあたりです。

立地めっちゃいいです(・∀・)

 

北新地も近いから、飲みに行きたい人にもオススメですな(*´・ω・`)b

 

 

さて、大阪駅から歩いて徒歩5分程度、、、

 

リッツカールトン大阪に到着しました(´ω`)

このでかいやつですね(´ω`)

 

なかなか見上げる高さであります(^_^)

 

入り口にはお決まりのライオンのエンブレムですね(・∀・)

 

敷地の中に進んでいきますと、、、

スタッフの方がお出迎えしてくれて、入り口のドアを開けてくれます(・∀・)

 

苦しゅうないぞよw

 

さて、早速中に入って行きましょう(⌒‐⌒)

はい、お約束のオシャンティ(・∀・)

なんかお屋敷みたいな内装ですな( ̄^ ̄)

 

セレブみたいな人達もたくさんおりますな( ・ω・)

ジャージとかで来たら確実に浮く感じですw

 

人が多いなーと思ったら、、、

 

結婚式の披露宴が行われているみたいですね(^ー^)

 

辺りを見渡してみますと、、、

誤って落としたら、人生が終わりそうな壺が置いてあります(・∀・)

これいくらするんでしょうね(゜ロ゜)

 

壺を良く見て見ますと、、、

 

なにこれw   天使?w

天使付きだと、何か高級そうに見えますね( ・ω・)

 

その他にも、、、

 

なんかルーブル美術館に飾ってそうな絵画とか、、、

なんかスゲー高そうなお皿とかが飾ってありますね(゜゜)

 

地震の時とか大丈夫なのかな?(゜ロ゜)

 

 

館内の雰囲気としては、、、

中世ヨーロッパをイメージしているのでしょうか?

非常に高級感がありますねぇ。

セレブがわんさか生息していそうな場所ですw

 

奥に進んでみますと、、、

1階にはレストラン&バーみたいなのがありますね(・∀・)

 

良く見ますと、、、

美人な外人さんがピアノとヴァイオリン演奏やってます(゚⊇゚)

 

なかなかの美人さんですね(;´Д`)ハァハァ

 

高級ホテルでは良くある光景ですが、彼女らの給与体制ってどうなってるのでしょうか?  正社員なのかな?( ・ω・)

 

知ってる人教えて下さいヽ(´ー` )ノ

 

 

さて、フロントでチェックインをしましたので、早速部屋に向かいましょう( ̄^ ̄)

リッツカールトン大阪は1Fがフロントになっており、エレベーターで高層階に向かうようになっております。

 

部屋に向かう途中にも、高そうな絵画がまんべんなく飾ってありますね(・∀・)

 

個人的には美術品より現金のほうがいいですw

 

さて、そんなこんなで部屋に進んでいきまして、ようやく到着です(・∀・)

 

中に入ってみますと、、、

白を基調とした建具が目に入ってきまして、、、

ここがメインの部屋のようです(・∀・)

 

広さはなかなかあります(⌒‐⌒)

 

ベッドはキングサイズかな?十分な広さがありますね( ̄^ ̄)

 

窓側を見てみると、、、

はい、お決まりの絶景(;´Д`)ハァハァ

 

視界を遮るビルも少なく、景色が抜けていますね(⌒‐⌒)

 

眺めはなかなかいいです(^ー^)

こっちは、大阪駅ですね( ̄ー ̄)

駅のすぐ近くなんで、出かける際も非常に便利ですねぇ(*´・ω・`)

 

 

さて、一段落したところで、館内を少し散策してみましょう(⌒‐⌒)

 

リッツカールトン大阪では、宿泊者は下記の施設を利用することができます(・∀・)

 

◯フィットネスジム

◯プール

◯スパ

 

順番に覗いて見ましょうかね( ̄ー ̄)

 

 

まず、フィットネスジムですが、、、

なかなかの広さがありますね( ・ω・)

 

筋トレ器具も豊富にありまして、、、

 

ランニングマシンもたくさんあります(^^)

 

広さも十分ありますし、器具もかなり豊富ですので、ゆったりトレーニングをすることができますな( ̄^ ̄)

 

運動で汗をかいた後は、、、

ライム水を自由に飲むことができます(^^)

 

ライムが入りすぎてて酸っぱいですw

 

そして、小腹が空いた方の為に、、、

バナナを自由に食べれるようになっていました( ・ω・)

 

気が利いておりますね( ̄ー ̄)

 

そして、フィットネスジムの隣には、、

プールがありますね( ・ω・)

水着もレンタルできるようです(^^)

 

ゴーグルだけは衛生上の問題で購入になるらしいですが、、、

これだけの為にゴーグルを買うのも勿体ないですな( ̄ー ̄)

 

そして、プールを楽しんだ後には、、

隣のスパでリラックスできます(⌒‐⌒)

 

湯けむりで視界が悪いですw

 

サウナもあるようなので覗いてみると、、

狭いですね(・∀・)w

 

ここにオッサンが密集して入っているかと思うと、なかなかシュールな光景になりそうです(・∀・)w

 

他の高級ホテルに比べると、スパのグレードは低いですね(^_^;)

 

まあ、ホテル自体のグレードが高いから良しとしましょう( ̄^ ̄)

 

 

さて、back numberのライブが終わり、部屋に戻ってきてみると、、、

部屋からの夜景が綺麗ですねぇ(・∀・)

 

これは夜景好きな人はたまらんでしょうね( ・ω・)

近づいて見たらさらに絶景(;´Д`)ハァハァ

 

大阪の夜景はホント素晴らしいですよねぇ。

ここで35階くらいですが、十分綺麗ですね(⌒‐⌒)

 

夜景だけでみたら、リッツカールトン大阪より、マリオット都ホテルのほうがレベルは上ですね( ̄^ ̄)

 

マリオット都ホテルの宿泊レポートも書いておりますので、よかったらどうぞ(^_^)

↓↓↓

マリオット都ホテルのレポート

 

さて、朝になりましたので、朝食を頂きに参ります( ̄^ ̄)

うん、普通のレストランのような感じです(^_^)

朝食はビュッフェスタイルになりますぜ(・∀・)

 

早速頂きましょう( ̄^ ̄)

飲み物は豊富にありますね。低脂肪乳とかもあります(^_^)

 

和食もありますね。

私は洋食より和食派なので非常に助かります(・∀・)

 

もちろん洋食やサラダもあります( ̄^ ̄)

 

品数はなかなか多いですね、十分満足できるレベルかと思います(^_^)

お腹一杯になりました(・∀・)

 

 

さて、それではお会計になります( ̄^ ̄)

1泊105,374円

 

なかなかの金額ですな(・∀・)

まあ、リッツカールトンだからしょうがないといえばしょうがないのですが、コスパがいいかと聞かれると???ですね(^_^;)

 

 

さて、それでは最後にホテルの評価を10段階でさせて頂きます(^_^)

 

朝食  

★★★★★★★★★☆

立地、利便性   

★★★★★★★★★☆

部屋、グレード  

★★★★★★★★☆☆

接客   

★★★★★★★★★★

コスパ  

★★★★★★☆☆☆☆

総評   

★★★★★★★★☆☆

 

結論から言うと、やはり素晴らしいホテルですね(⌒‐⌒)

リッツカールトン大阪に関して言えば、スパが微妙ではありましたが、館内の雰囲気などは抜群に良かったです。

 

金額がもう少し安ければなーというのが本音ですね。

 

金額を抑えたい方であれば、、、

マリオット都ホテルのほうがいいと思います( ・ω・)

 

5万円代で泊まれますしね(^_^)

 

しかし、高級感は他のホテルを寄せ付けないので、、、

 

リッツカールトン大阪、一度泊まりに行かれてみて下さいヽ(´ー` )ノ

 

ではまた!!!

 

にほんブログ村

-高級ホテル調査
-,

Copyright © 2020. 貧乏サラリーマンが本気でセミリタイアを目指す不動産投資日記 All Rights Reserved.

Copyright© 貧乏サラリーマンが本気でセミリタイアを目指す不動産投資日記 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。